セラミック

セラミック治療の特徴は、特別な矯正装置などをつけたりせずに、歯の見えている部分の形を変えることにより、歯の色、形、大きさ、歯並びをきれいにする方法です。本格的な矯正は長い期間ワイヤーや装置をつける必要がありますが、セラミック治療の場合は短期間で治療したい方や、矯正装置(ワイヤーなど)が見える事に抵抗感がある方におすすめです。また、セラミックの色合いや質感は、生まれつきの歯と見分けがつかないほど自然です。強度が高く、金属アレルギーや歯ぐきの黒ずみの心配もいりません。

セラミック治療の種類

ラミネートベニア

健康な歯だけど色が黒い、歯の間の隙間が気になる、何とかしたいけど、あまり削ったりするのはちょっと・・・という方には、ラミネートベニアをお勧めします。歯の表面だけを一層(0.5mm程度)削り、そこに付け爪のように、セラミックを貼り付けることで、美しく仕上がります。

イメージ画像

イメージ画像

セラミッククラウン

より自然に近い白さと透明感を表現できる「かぶせる差し歯」です。金属のフレームにセラミックを焼き付ける「メタルボンド」を採用。内部の金属には主にゴールドを使用し、体に優しくセラミックの差し歯として最も一般的です。この治療法のメリットは、治療後の変色もなく歯の色や白さを自由に変えることができることや、虫歯などにより、失われた部分が大きい場合でも行えること、またラミネートベニアによる治療法に比べ歯の形も大きく変えることができるので、ある程度までは歯並びやかみ合わせも整えることができることです。デメリットとしては歯を削る量が多く、神経のある歯の場合には知覚過敏の症状が出る可能性があることや、場合によっては神経を取らなければならないことがあることなどが挙げられます。

イメージ画像

イメージ画像

セラミックインレー

セラミックインレーとは、奥歯の「詰め物」をセラミックで作るものです。フレンド・デンタル・オフィスでは、通常のセラミックよりも安価な「ハイブリッドセラミックインレー」を採用しています。「ハイブリッドセラミックインレー」は天然の歯に近い色調が得られ、体にも優しい材料ですので、金属アレルギーの心配もありません。※あくまで素材は超高品質のレジンであり、セラミック100%ではないので、セラミックに比較すると耐久性が少し劣ります。

イメージ画像