小児歯科

虫歯の原因となっているミュータンス菌。日本人の9割が感染していますが、生まれたばかりの赤ちゃんは持っておらず、 母親や、周囲の人から感染すると考えられています。その時の条件は、母親のお口の中にミュータンス菌が大量にいる場合、 又、小児がショ糖(砂糖)をたくさん摂取している場合に、効率良く感染していきます。問題は、一旦強く感染してしまうと、 ブラッシング位ではミュータンス菌を減らす事は出来ず、”一生ミュータンス菌を大量に抱えて過ごしていかなければならない” というリスクを追うという事です。反対に、1歳7ヶ月から2歳7ヶ月くらいの期間を無事に過ごす事が出来れば、 サングイス菌(虫歯にとっての善玉菌)が定着しやすくなり、虫歯になりにくいお口の中となっていきます。

ミュータンス菌(虫歯の原因)感染を防ぐ基本

イメージ画像

  • 自分や、他人が使っているお箸やスプーンで赤ちゃんにものを食べさせない。
  • 大人の口でかみ砕いたものなどを赤ちゃんに食べさせない。
  • 赤ちゃんの口に唾液がつくようなキスをしない。
  • 両親ら周囲の人が虫歯を治す。
  • 赤ちゃんに対しては回し飲み、回し食べはさせない。
  • その他、自分もしくは他人の唾液が赤ちゃんの口に入ることは避ける。

お子さまの歯磨きのチェックポイント

乳歯の虫歯治療は将来永久歯を本来の位置に導くためにも重要で、お子さまの成長、発育にも虫歯予防・治療はとても大切な事です。フレンド・デンタル・オフィスでは1才6ヶ月検診や、虫歯予防に有効なフッ素塗布も定期的に行っております。

  1. step 1 生後半年後
    イメージ画像 この時期歯ブラシで磨いても痛がるお子さまが多いので、授乳後や食後はガーゼを親指と人指し指に巻きつけ下から上へ動かしふきとりましょう。
  2. step 2 1歳6ヶ月後
    イメージ画像 無理に歯ブラシを口の中へ入れてしまうと歯磨きを嫌いになってしまうので、おもちゃの歯ブラシなどで遊ばせ慣れさせましょう。 また歯ブラシの毛先を使い一定の順番で磨いてあげましょう。そうすればお子さまはいつ終わるかわかるので我慢できると思います。
  3. step 3 3歳頃
    イメージ画像 3歳になると乳歯が生えそろってきます。歯と歯の間にすき間が出来ますが、大きな永久歯が生えるために必要なすき間なので問題はありません。また必ず仕上げ磨きをし、小さな横磨きで歯ぐきを傷つけないように注意しましょう。
  4. step 4 4、5歳頃
    イメージ画像 乳歯の根が吸収され始める時です、歯磨きをする習慣をお子さまにつけましょう。またお子さまと一緒に歯磨きするのも効果的です。この時期も引き続き磨き残しをチェックしてあげましょう。
  5. step 5 6歳頃
    イメージ画像 だんだん乳歯が永久歯へと生え変わる時期です。“6才臼歯”と呼ばれる歯が生えてくるので歯ブラシの毛先で優しく磨くようにしましょう。生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいので注意して磨きましょう。
  6. step 6 12歳頃
    イメージ画像 永久歯が生えそろう時期です。虫歯と同時に歯肉炎にも注意が必要です。
    ※歯肉炎とは・・・磨き残しが原因で歯ぐきが炎症をおこし赤く腫れること。

フッ素で虫歯予防しましょう!

フッ素は虫歯予防に有効です。虫歯に対する抵抗力のある歯質をつくり再石灰化を促進してくれ、歯を溶かしてしまう「酸」を作りにくい口腔内環境にしてくれます。フレンド・デンタル・オフィスではお子さまの虫歯予防に力を入れており、母親教室というものを無料で行っています。

イメージ画像