インプラント治療の流れ

フレンド・デンタル・オフィスで行うインプラント治療においての口腔内診査から、治療計画にいたるまでの過程の説明です。

  1. step 1 問診
    インプラント治療に必要な診察を行いインプラント治療が可能かどうかを診断、治療期間および治療費について ご説明いたします。
  2. step 2 検査
    インプラント治療に必要な検査を行います。現在の口腔内状態を詳しく把握、分析する為に、口腔内診査、歯肉の 検査、レントゲン写真撮影、歯型取り(歯列模型)などを行います。骨の状態が悪い場合や、幅、高さが非常に不足している場合には、 CTスキャンの撮影も行う場合があります。※CTスキャンの撮影が必要な場合は連携する近隣の総合病院へご案内致します。
  3. step 3 治療計画立案
    検査結果を元に、最終的な治療目標についてご説明、ご相談いたします。この時に治療見積書、治療計画書をお 渡しします。失われた歯の数、場所、インプラントを埋め込む骨の状態などにより、さまざまな選択肢があります。歯にかかる力や強さ や方向だけでなく、患者さんに無理のない衛生管理などを含め、綿密に検討した上で治療方針を立てていきます。検討した治療方針について、 患者さんとディスカッションし、治療計画を決定していきます。
  4. step 4 インプラント治療についての説明
    インプラントの前治療が終了したら、いよいよインプラント治療を開始します。インプラント手術について(手術 方法、設計、術後に起こりうることなど)説明し、手術前の注意事項をお話します。
  5. step 5 インプラント埋入(1次手術)
    インプラント専用手術室にて、インプラント手術を行います。歯肉を開き、顎の骨に、インプラントが埋入できる穴を形成します。 しっかりと固定するように、顎の骨にインプラントを埋め込み、歯肉を閉じます。手術終了後、術後の注意事項などを説明し、次回の予約をとります。
  6. step 6 術後の消毒、抜糸
    インプラント埋入後、1日~2日で消毒をし、約1週間から10日後に来院していただき、術後の経過をみます。緩んでいる糸から抜糸します。
  7. step 7 治癒期間
    インプラントを埋入した後、インプラントと骨の結合(オッセオインテグレーション)が得られるのを待ちます。埋入時の状態、上顎、下顎で違いますが、通常3ヶ月~6ヶ月程度です。この期間中は仮の義歯を使用することができます。
  8. step 8 アバットメント装着(2次手術)
    インプラントの安静期間が過ぎて、骨と生着したことが確認されたら、2次手術と呼ばれる歯肉の整形手術が行われます。 歯肉を開いて、人工の歯を取り付けるための部品(アバットメント)を連結し、歯肉からこれを露出させ、歯肉の形を整えます。インプラントに装着する人工歯がスムーズな外形をもって歯肉から萌出しているようにみせるための処置です。
  9. step 9 治癒期間
    お口の中の型をとり、あなたにあった仮歯を作製します。仮歯で噛み合わせを調整し、この状態で歯肉が治るまで1~6週間ほど待ちます。
  10. step 10 人工歯の作成・装着
    歯肉の形態が整った時点で型をとり、色や形を患者さんに合わせて作製します。天然歯と見分けがつかない人工歯をインプラントに装着します。
  11. step 11 メンテナンスと定期検診
    インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的なメンテナンスが不可欠です。 医師の指導に従い正しい歯みがきをこころがけてください。また、半年に一度、定期検診を受けインプラントの状態を先生に診てもらうようにしてください。

※今回、紹介した治療法は、2回の手術を必要とする“2回法”という方法ですが、1回の手術だけの“1回法”やさらに数時間から数日で人工の歯を装着する“即時負荷”などの治療法も開発されています。いずれの治療法も全ての患者さん、全ての治療箇所にできるわけではなく、それぞれの患者さんの口腔内環境を把握し、綿密な治療計画が必要となります。インプラント治療は、より良い治療結果を達成するため、また患者さんに負担の少ない治療法を提供するために、日々研究が重ねられ、進化しています。